マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3DSのアンバサ、ようやくDLした
おれはニンテンドー3DSを発売直後にかったので
アンバサダープログラム(値下げしてごめんねキャンペーン)のゲームをDLできる。

とりあえず、ファミコンの10本が配信されてたのでダウンロードした。

スーパーマリオ
レッキングクルー
ドンキーコングJr.
アイスクライマー
バルーンファイト
ゼルダ
リンクの冒険
メトロイド
ヨッシーのたまご
マリオオープンゴルフ


うむ。
つまらないソフトはないと思うけど。

ただ、言いたいことが2個ある。

ヨッシーとゴルフ以外は持ってる・持ってた・ソフトばっかだった。。。
ラインナップが王道過ぎるんだ。
ドンキーをJr.にしたあたりとか、ちょっと捻ったつもりだったのかも?
アンタんとこのハード即買いするような信者はファミコン本体だって現役でTVにつなげてるよ!


もうひとつは
「なぜゼルダはカセット版なのか」ということ。
リンクの冒険とメトロイドはディスク版しかないものをVC化してるんだし
ディスクのゲームがVCにできないわけじゃないよね。

ディスク版の特徴って
・ディスクのほうが音がイイ(ハードが変わって、ならせる音が1個増えてるので)
・ローディングが長い
の2つでしょ?
VCになって、ローディングは考える必要がなくなったのだから
カセット版を選択する理由ってないんじゃないかな?

それとも俺の知らないバグとかがディスク版にはあるのかな?
カセットのゼルダでたのスーファミが出た後だったし、バグ修正されててもおかしくないか。。。?



スコット・ピルグリムの映画みた
海外ゲームのカテゴリに入れたけど、映画の話。
スコット・ピルグリムのブルーレイ、ちょっと寝かせちゃったけど今日鑑賞した。


もともと原作はマンガなんだよね。
いや、コミックというべきか?
アメコミ……とも厳密には違って、カナダの漫画家が書いたもの。

オタクでニートで女性にだらしないバンド青年のスコット君が
一目惚れしたラモーナにお近づきになるために、
7人の邪悪な元彼と対決して彼らを倒す、というもの。

1巻

2巻

3巻

作者絶対メガドライブとかニンテンドウ64とか大好きだよこれ!
コンボ数の表示とかワープゾーンとか、レトロゲームネタが満載。
「ヤツめ、空中コンボを使う気だ!」とか言ってるし。

それと。
こいつのゲームがPS3とXBOX360のダウンロードゲームとして配信されてるので、あながち海外ゲームのカテゴリでも間違ってはないよ。
レゲーがメチャ好きな外人が、ダウンタウン熱血物語を超研究して作ったファイナルファイト型ゲーム
ってかんじで、面白いよ?


んで、感想だけど。

ちょっと話は分かりにくかったなぁ。
ゲームネタ多いけどそれはメインじゃなく、バンド青年の恋愛のほうがメイン。
けど戦闘シーンなんかはあったりして。
テンションがよくわからん海外版らんま1/2、みたいな感じかなあ。褒めすぎか?
でも一話完結じゃなくてずっと続くし、登場人物も多くて把握しづらい。

漫画3冊しか出てないけど、それぞれが分厚いので結構長い。
しかも文字多くて読むのに時間かかるよ。右開きだし。

映画はこの3冊を2時間にまとめたもの。
7人の元彼(女性も含む)との戦いを2時間に全部入れてるから、
ハイペースすぎて原作漫画知ってないとついていけないかも。
ハリーポッターの映画1作目よりもハイペースに感じた。

映画版にはニンジャ・ニンジャ・レボリューションっていうゲーセンのダンスゲーム(笑)が出てくる。
コンボ数とか、尿意ゲージとかも出てたな。

ストーリーは一元さんお断りな感じがあって、ちょっと万人向けじゃないと思った。
でも原作知ってれば楽しいはず!
映像表現がユニークなのと、サウンドトラックがよかったと思う。


調べたらサントラあった。

買おうかな。
テーブルタップ
ACアダプターって大きいじゃん?
いくつもコンセントにさすことが難しい。

うちにはゲーム機がたくさんあるので、ACアダプターもたくさんあるのだけど
いちいち遊ぶたびにぬくのは面倒なので、基本さしっぱなしにしておきたい。
いわゆる、たこ足配線というか。テーブルタップにさしておくわけですが
ACアダプタってデカいから、普通のテーブルタップだと、隣の差し込み口に干渉するんだよね。

最近ようやく、これを解決するタップに出会った。

こんなの。
TAP01
いっけんすると、ちょっと細いだけで普通のテーブルタップなのだけど・・・

TAP02
ごらんのとおり、差込口が左右に動かせるのだ! 180度動きます。


なので、こういう使い方ができるッ!!

TAP03

・メガドライブ
・メガCD
・スーパー32X
・ディスクシステム
の4つのACアダプタをつないでる。

かつ、差込口を1個使って別の場所への配線を伸ばし、
そのうえ1個差込口が余っている!
いままでは6個口くらいのタップ使ってたけど、ACアダプタをさすと
隣の穴にコンセントさせなくなってたんだよね。

スイッチ切っておけば、待機電力も抑えられるし。

これでまたひとつ、資料室がすっきりした。
いまさらだけどゲームショウ
東京ゲームショウに行った時のことを軽く書いておこうと思う。
超・今更なんだけど、先週は連休を取るために平日に仕事を詰めまくってたので
ブログ更新してる暇がなかったの。



PSP2ともいえる新型機、PS VITA
プレイ可能な状態で出展されたほか、新作タイトルの発表もまあまああった。
でも中小企業の出店はほとんどなくて
外資系は軒並み撤退、任天堂も出てないのにGREEが出ているなど
景気の冷え込みや業界動向の変化を感じるショウでした。

続きを読む
やべえ、広告出ちゃう
たしかFC2ブログって、一か月更新しないと広告出るんだよね。
東京ゲームショウもあるし、なんか最近忙しい。
明日も出社だしね。

http://www.borndigital.co.jp/book/detail.php?id=200
死ぬまでにやりたいゲーム1001
という書籍が出ていることを職場で知った。

【送料無料】死ぬまでにやりたいゲーム1001

【送料無料】死ぬまでにやりたいゲーム1001
価格:7,140円(税込、送料別)


おれたちが作ったゲームも入ってた!
(どれかはヒミツ! おれと面識のある人はみんな知ってるだろうけど)

おれの心の一本であるMD ガンスターヒーローズも入ってた。
そうだろう、そうだろう!

でもウィザードリィは入ってなかった。。。
ウルティマは入ってるのに。

でもこの1001本、だれが選んだんだろうね。
おれが選んだらまた違うものになるんだろうなぁ。

あ、選定作業はすごい楽しそう。不毛だけど。
久しぶりに心から爆笑したのはやっぱりウンコネタ
妻を亡くしてから、爆笑してない。
ミスチルの言葉を借りるならば、
本気で笑うことも少ない
という感じで過ごしていた。

テレビをつけて、お笑い芸人がトークをしているのを見ても
「なんだこいつら、クソみてえな話しやがって、面白くねえな」
という気持ちで見てしまい、心から楽しめない。
おれの気持ちに余裕がない証拠だね。

ところがこれを打ち破る映像を発見してしまった。
職場で調べ物をしてて、不意に見つけてしまい、
業務時間中に会社で観てしまって、笑いがこらえられなかったのは秘密だ。

http://youtu.be/3pk7VLaR_Y4




http://youtu.be/NfTAwgnxgYs




http://youtu.be/wfqzZECDsWA




http://youtu.be/XJfbU02yIls



ダチョウ倶楽部と出川哲郎って、好き嫌いが分かれるよね。
おれもそこまで好きじゃなかったし、漫才が面白い芸人さんと比べて
やり方も古典的だし、きょうびこのやり方で生きてくのは無理じゃねーの?
みたいな眼で彼らを見ていました。
今まではね。

これは認識をあらためないといかんわ。

すっかり荒んでしまって笑顔を失っていたおれを爆笑させたのだから(職場で)

こりゃあ、DVD買うべきだな。

ダンジョンズ&ドラゴンズ
海外ゲームのカテゴリでいいのかなぁ。

こないだの週末に、友人に誘われて
「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をプレイした。


誤解を恐れずに平たく説明すると、
ロード・オブ・ザ・リングのような西洋のファンタジー世界が舞台で
剣と魔法でモンスターと戦っていき、ドラクエのようにキャラクターが成長していく
ボードゲームです。

厳密にはボードゲームとは言えないかな?
正しくはテーブルトークRPGと呼ばれています。
敵キャラの動きや物語の進行は、マスターと呼ばれる司会者が用意します。

その筋の人で、知らない人はいないですね。昔からあるゲームです。
業界人のくせに初めて遊びました
いや、おれRPGは開発したことないし

このボードゲームを自動化して快適に遊びたい!というのが
コンピュータゲームのRPGの起源(Wizardryのできた理由はそう)なんですよね。


楽しかった!
ネットげーのRPGをボードで遊んでる感じです。
スリルもあり、コンピュータゲームではないことによる曖昧さもなんか味わいがあったし
完全に同じ楽しさを提供してくれる電子メディアはまだないですね。

覚えることは結構多く、プレイに時間がかかるのと、人数がたくさん必要なので
気軽に遊べるゲームではないと思いました。
経験者の方たち(おれ以外の参加者の皆さん)がやさしくフォローしてくれたので
すんなりゲームに入れたと思います。


こんなに楽しいものが、一部のマニアだけの物なのはもったいない。
もっと一般的になればいいのにな。
ルールブックも高価だし、イエサブにしか売ってない時点でかなりアレだといえる。

正月に家族で人生ゲームや麻雀をやるくらいのレベルであれば。
親戚のおばちゃんでもできるくらいの敷居の低さがあれば、もっと普及するのではないかな?
そういうTRPGもあるの?
積みゲー更新 ぷよぷよ20周年版をクリア
積みげーリスト更新。

DSのぷよぷよ!!(20周年版)をクリアした。
久々にぷよぷよした。楽しかった!


ぷよぷよはアーケード版の「初代」と「通」のころに結構遊んだので
多少連鎖を組んだりはできるのだけど
フィーバーモードが好きになれなくて、しばらく遠ざかってたの。

自力で連鎖組めない奴が勝つぷよぷよなんて。
連鎖が組めてるのに着火してはいけないぷよぷよなんて。
認めたくねえ。
自分で連鎖を組めない奴が負けるのは当然だし
組むのが遅いやつも負けて当然だ。

連鎖を素早く作る練習をしまくった身としてはやっぱそう思っちゃうわけで。
でもこういうのが懐古・老害・原理主義と叩かれるのも理解できるから
「老兵は去るのみ」的に、ぷよぷよをしなくなったのでした。

まぁ、ずっと同じルールじゃマンネリ化もするだろうしね。
「同じかよ!」って言われない、且つ新規ユーザーが増えるような続編を
作らなきゃならんとなれば、フィーバーみたいな進化も必要だったのかもね。
フィーバー以降もシリーズ健在ってことは、俺のように去った老兵よりも
新たに加わった新兵のほうが多いってことなんだろうね。
名作落ちものが、今も受け継がれているのは喜ばしいことだ。

今回は昔のキャラや、昔のルールがたくさん復活してる。
キャラデザは今の人なんだね。
フィーバーの絵でシェゾとかルルーとかが出てくる。
個人的にコンパイル時代の絵よりも今のほうが好みなので、よいチョイス。

ストーリーモードは通ルールでクリアしたけど
せっかくなんでフィーバーモードも練習するか。
ニンテンドー3DS値下げ来たよ
はい、一万円値下げきました

発売日に買った俺としては流石に早えーだろ、と言わざるを得ない。
色もなぁ。赤欲しかったのにな。

とはいえまあ、あれだ。
PSP Goも発売直後に買ったので
それに比べればなんてことないわ。




それよりもソフトだよね。
ゴールデンアイはWiiでなくてこっちで出すべきだったんじゃね?
普通に 楽しい と感じること
友達と遊びに行ってきた。

世間は夏休みだけど、アウトドアの何かをしに行ったというわけじゃない。
おれたちインドア派なので。

肉たべてお酒飲んでカラオケして、さっき帰ってきた。


久しぶりに楽しかった!


普通に「楽しい」って思える時間。
こんな感想を抱くことは
べつに難しいことじゃないはずなのだけど
もうずっと長いこと、忘れてしまっていたように思えた。

仕事のペースや拘束時間はすっかり元に戻っているけれど
仕事以外の時間が、元に戻らない。以前そうブログに書いた気がする。

家族を亡くしてしまうということ。
欠けてしまったものの大きさは、想像以上だった。

数十年経過して、おれが死ぬときに
これまでの人生を振り返る、カウントダウンTV・走馬灯スペシャル みたいなのが脳内に流れるとして。
バッドイベントのトップランキングに、確実に食い込んでくるだろう。
これからもいろいろ悪いことは起こるだろうけれど、それでも1位かもしれない。


空いてしまった心の穴を元通りにすることは、きっとできないのだろう。
代わりになにかで心を埋めよう! ……なんて考えてみたところで
そんなものすぐに見つかれば世話ないし、そもそもそんな時間もない。腰も痛いし


……人生というものは、子供のころのおれが考えていたよりもハイペースで進行している。
ゆっくり、だらだらとハイキングコースを自分のペースで歩いていればよいのかと思ったら
意外とみんな進むのが早い。
あれ、競歩だったっけ?
いや、もしかしてマラソンなのか?

置いて行かれまいと歩を進めていくうちに、
大切にしてたものやポケットの中身が、だんだんこぼれ落ちていく。
あんなに集めてたアレとか、好きだったソレとか。
捨ててもいいなんて、思ってない。
でも頑張って進まないと。拾ってる場合じゃない。
それならせめて、いちばん大切なものだけは落とさないようにしよう。
ほかのものを落としちゃうのは、このさい仕方ない。

……こんな感じで生きてきて。

そうして守ってきたものは、妻だった。
“妻との暮らし”はおれにとって「いちばん大切なもの」だった。
何よりも守りたくて、いつまでも育てていきたかったものだ。
どんなに速いペースで進んでも、落とさないようにしてきた……つもりだった。

でも、おれは、彼女の命を守ってやれなかった。
俺の心には穴が開いてしまい、取り返すことはもうできなくなってしまった。




今日は昔の友達と、昔みたいに飲んで遊んだ。
ただそんな日だったのだけど。

これまでの人生で落としてきてしまったものを、また見つけて、拾えたような
そんな気持ちになれた。


普通に、楽しかった。
すごく久しぶりに、そう感じられたことが
嬉しかった。


おれの人生はまだ長いはずだ。
短く見積もったってまだハーフタイムってとこじゃないの?

彼女のいない世界での「おれ自身のこれから」について
ポジティブにとらえていけるようになりたいと思う。
まだちょっと自信がないけど。

これまで落としてきてしまったものを、また拾い集めるのも悪くないね。
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。