マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまさらだけどゲームショウ
東京ゲームショウに行った時のことを軽く書いておこうと思う。
超・今更なんだけど、先週は連休を取るために平日に仕事を詰めまくってたので
ブログ更新してる暇がなかったの。



PSP2ともいえる新型機、PS VITA
プレイ可能な状態で出展されたほか、新作タイトルの発表もまあまああった。
でも中小企業の出店はほとんどなくて
外資系は軒並み撤退、任天堂も出てないのにGREEが出ているなど
景気の冷え込みや業界動向の変化を感じるショウでした。

見て回ったものなどをメモしとく。

TGS2011 MS

オブリの続編、スカイリムが出てた。
「きれいなオブリ」だった。まだ翻訳がすんでなくて、ローディングが長かったので遊べる時間が少なく感じた。
でも面白そう。

TGS2011 konami

コナミはラブプラスとネバーデッドで遊んだ。
ラブプラスは通常のゲームではなく、写真撮影だけができる特別仕様だった。
これはまた売れるだろうなぁ。

ネバーデッドはデビルメイクライっぽい世界観のTPSなんだけど
自分が不死身であるってことが特徴。
腕を引きちぎっておとりにしたり、爆発に巻き込まれて五体ばらばらになったり。
それでも生きてるし、戦える。頭だけになると転がって移動する。
ヤク中のアメリカ人が考えたみたいなゲームを作れる人がコナミにいたんだね。
ちょっと操作難しいけど、楽しかった!

TGS2011 BNG
バンダイナムコさんは試遊台が多くなくて
ステージとスクリーンがメインだったような気がする。
鉄拳たくさん出るね!
PS3で鉄拳TAGのHD版がでるのと、
3DSでも鉄拳新作(TAG2のマイナーバージョン?)がでるっぽい。

どっちもCG映画同梱だって!

ゲームの鉄拳のエンディングって毎回、すごいCGでカッコいいキャラが
きわめてバカ臭いことをする(主人公をロケットに縛り付けて宇宙に飛ばすとか)ムービーで、
いつも楽しませてもらってんだけど、ついに映画になったか。
変にシリアス路線に進めたり、ハリウッドの連中が好きそうな方向に迎合したりしないで
ザ・鉄拳ってかんじの内容であってほしいな。
映画館でもうやってるんだっけ? いやでもPS3版で観ようかな。

TGS2011 capcom
そしてカプコン!
全部の会社の中で一番勢いあったんじゃない? さすが老舗ですね。
世間は3DSのモンハンが話題の中心みたいなんだけど
モンハンって「みんながやってる」って点を除くとそんなに面白くないよね?

おれが見たかったのは「ストリートファイターx鉄拳」のほう!
・タッグのスト4、そして鉄拳のキャラクターが使える
・見た目はかなりスト4っぽい
・操作感覚はカプコン格闘準拠で6ボタン
・技の数も鉄拳みたいに多くない。通常わざと必殺技に分かれてて、カプコン格ゲーっぽい技数。
・スト4と比べてコンボが入りやすい、適当に押してるとつながる。中身はMVCか?

ヴァンパイアとか、格闘ゲーム全盛期だったころ、
この会社は同じシステム基板で絵とゲーム性を少し変えた格ゲーをたくさん出してたけど
そのノウハウを使ってる感じする。スト4とMVCのアイノコに鉄拳のっけた感じだ。
でもうまくまとめてる。さすがこの手のゲーム作らせると強いな。

平八つかってて反射的に「→→中P」って押したら鬼神拳みたいの出たので、
いわゆる「鉄拳操作」で出るようになってる技もあるのかもしれない。


ほかにもいろいろ見たんだけど、きりがないので最後に一つ。
「脳波で動く猫耳」が展示されてた。

TGS 猫耳

いままでもカチューシャに猫耳の付いたものってあったと思うんだけど
ついに使用者の思考に合わせて(脳波を読み取って)動くようになった!
春発売らしいですよ。

いやいや、これってゲームじゃないだろう。
TGS2011 看板

「心が躍れば それはGAMEです」だそうで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。