マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンジョンズ&ドラゴンズ
海外ゲームのカテゴリでいいのかなぁ。

こないだの週末に、友人に誘われて
「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をプレイした。


誤解を恐れずに平たく説明すると、
ロード・オブ・ザ・リングのような西洋のファンタジー世界が舞台で
剣と魔法でモンスターと戦っていき、ドラクエのようにキャラクターが成長していく
ボードゲームです。

厳密にはボードゲームとは言えないかな?
正しくはテーブルトークRPGと呼ばれています。
敵キャラの動きや物語の進行は、マスターと呼ばれる司会者が用意します。

その筋の人で、知らない人はいないですね。昔からあるゲームです。
業界人のくせに初めて遊びました
いや、おれRPGは開発したことないし

このボードゲームを自動化して快適に遊びたい!というのが
コンピュータゲームのRPGの起源(Wizardryのできた理由はそう)なんですよね。


楽しかった!
ネットげーのRPGをボードで遊んでる感じです。
スリルもあり、コンピュータゲームではないことによる曖昧さもなんか味わいがあったし
完全に同じ楽しさを提供してくれる電子メディアはまだないですね。

覚えることは結構多く、プレイに時間がかかるのと、人数がたくさん必要なので
気軽に遊べるゲームではないと思いました。
経験者の方たち(おれ以外の参加者の皆さん)がやさしくフォローしてくれたので
すんなりゲームに入れたと思います。


こんなに楽しいものが、一部のマニアだけの物なのはもったいない。
もっと一般的になればいいのにな。
ルールブックも高価だし、イエサブにしか売ってない時点でかなりアレだといえる。

正月に家族で人生ゲームや麻雀をやるくらいのレベルであれば。
親戚のおばちゃんでもできるくらいの敷居の低さがあれば、もっと普及するのではないかな?
そういうTRPGもあるの?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
二日間お疲れ様でしたw

D&Dはルールが複雑な部類かなぁ。
戦闘を話のメインにおくと、ルールが複雑になる傾向がある。
マスターは判定のルールが細かくできてるから、
判断に迷うことはなくなるけど、その分プレイヤーもルールを覚える負担が増えるね。

前に授業でやった『レイト・レイト・レイトショウ』なんかは逆かと。
ルール少ないから、マスターがルール知ってればできる。
(ただし、「暗黙のお約束」というルールはみんな知っている必要があるけどw)

プレーヤーの負担が少ないルールは、マスターがなれていないと難しいかも。
(マスターの負担が大きくなるということ)

アメリカではけっこうTRPG普及してるから、正月とかにやるのかなぁw
ダイス振れば盛り上がるんだろうなぁとw
2011/08/16 (火) | URL | ぽんこつスケルトン #-[ 編集]
ウィズやウルティマからドラクエにアレンジしたみたいに、
自由度をある程度バッサリとオミットして
誰でもいけるものにできないかな。

中国の麻雀は牌が多くて複雑らしいけど日本版は簡単になったし。
ガンダムから分離機構と武装をカットしてジムにしたみたいにね。
マジック・ザ・ギャザリングがデュエルマスターズになったみたく。
三つめの例えだけでよかったな。

「テイルズ・オブ・ボードゲーム」とかになるのかな。
やりたいかと言われるとアレかな。
いや、システムは面白いかもよ?
2011/08/16 (火) | URL | うずくまるひとかげ #-[ 編集]
No title
テイルズをTRPGにする場合は、どこら辺をキモにするんだろうw

ルールが簡単だと、選択肢が少なくなる(後はプレイヤーとマスターが自由に考える)
ことになるから、TRPG自体の初心者には向いていないんだよね。

結局バランスよく削っていくと、ドラクエになってしまう気が。
いや、オレがそんな回答してちゃダメか…。

TRPGの醍醐味は「有限ではない選択肢」だから、
それに対応するにはマスターが舞台/登場人物を理解していないといけない。
そうすると、初心者マスターにとってやりやすいのは、
複雑な思考をするキャラクターが少ない(登場人物が少ない)ってことになるのかなぁ。

やっぱり、この話は掲示板では書き切れん…。
(それがダメなのはわかってるがw)

まぁ、地道に勧誘していきますよ。
面白いと思ってくれたなら、勧誘手伝ってねw
2011/08/19 (金) | URL | しゃくねつのきゅうたい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。