マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電子書籍!
仕事で必要になりそうだったので(いいわけ)iPadの予約をした。


とはいえすでにネットブックを持っているので、仕事で使った後はどうやってこいつで楽しんだものだろうか。
ここしばらくiPadの使い方について思案していたのだが。
「そうだ、電子書籍を読めばいい」と思い立った。


画面もでかいし、指でページめくれるし。読書とは相性がよさそうだ。

iPadにはiBookというアプリがあるらしい。書籍をDL購入して読めるらしいのだけど、日本で出版されている全書籍が対応なんてするわけないし、現在は英語の本ばっからしい。

ぶっちゃけ、それだとiBookは存在してないのと何も変わらない。
ちょっとがっかり。

手持ちの本や積んでる本をスキャンして読むのはどうだろう。
そう思って調べてみたら、実践している人も結構いるらしい。

ただ、スキャンするためには本をばらさないといけないので、電子化したら元の本はもう使い物にならない。
永遠の命を得る代わりに肉体を失うのか。
等価交換ってやつですな。

とりあえずスキャナーを買ってきた。


富士通のScanSnapとどっちにしようか迷ったんだけど、
・小さい
・USB1本で動く(ScanSnapは2本いる)
・色がパソコンと同じ、黒
といったところでイメージフォーミュラのほうをチョイス。

この選択は結構迷った。
・ScanSnapのほうが店頭価格は安いことが多い。
・イメージフォーミュラのほうが小さいけど、ScanSnapもなかなかの小ささ
・ScanSnapにはリーダーじゃないアクロバットが同梱されてる

特にアクロバット同梱は強い。
電子書籍をPDFで作る場合、スキャンの具合が悪いときとかに修正したりするはずなので
アクロバットは絶対必要になるといっていい。
たとえばページの順番の入れ替えとか。

フリーウェアでちまちまやってもいいんだけど、総合ソフトがったほうが便利だろう。
アクロバットは買うと3万位する。


「本棚の肥やしになってる本を電子化して省スペースを狙っているのだから、場所とらないほうがよかろう」
というのが決め手になった。

とりあえずテストで雑誌などをばらしてスキャンしてみた。
・本を電子レンジでチンして糊を剥がす
キンコーズに持ち込んで裁断してもらう
の両方を試した。

前者は2分レンジにかけて、「若干、手でむきやすくなる」といった程度だったので仕上がりが汚かった。
最終的に1ページずつ鋏で細部を整える羽目に。
後者は有料なだけありさすがの仕事。といっても1冊105円だったのでさほどの出費じゃない。

裁断機を買おうかとも思ったけど、そんなに何百冊もやりたいわけじゃないので、今後はキンコーズでいいかなあ。

PDFのデキはまずまず。
紙のまま永久保存版にしたいレアな本を除いて、比較的どうでもいいやつはどんどん電子化していきたい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
PDF作れるのはいいなぁ。
今の常駐先でも、Acrobatのライセンスの数とかでちょっと揉めるよw

テーブルトークのルールブックを取り込んで、リンク貼れたら便利なのにねぇ。
2010/06/28 (月) | URL | ふわふわしたもの #-[ 編集]
シェアウェアでも編集できるのは多いので、Adobeのじゃなくてもいけるんだけどね。
でも配るのって微妙にやばいんじゃね?
2010/06/29 (火) | URL | あらぶるすがた #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。