マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外版ウィザードリィを進めてみた
きょうは休暇だったわけですが。

こないだ買った海外ファミコン版のWizardryを少し進めてみた。

海外版カートリッジ
これがカセット。日本のファミカセよりデカイ。あと日本のファミコンにささらない。
変換機
こいつが変換機。これは日本のファミコンにささる形をしているので、こいつを海外カセットと日本ハードの間に噛ませるのだ。
変換機をドッキング!
ドッキング!
挿すのは逆向きだったりする
差し込む向きが逆になってしまうのはご愛嬌。(これで正しいらしいよ)

で、スイッチオン!
海外版タイトル画面
おなじみの音楽と画面。
日本版とは少し違うのがお分かりだろうか?

↓こっちが日本版。
日本版タイトル画面
ロゴは同じだけど文字が違いますね。

WIZ3(ダイヤモンドの騎士)準拠になってるかと思って、しばらくタイトルを眺めたけどプロローグのデモは無かった。。。
GBカラー版の(外伝じゃなくて)移植版1,2には、3みたいなデモが入ってたよね。
メッセージが英語だからよくわかんないんだけど。

---
冒険の方はというと。
ブルーリボンを取って(リングオブデスは鑑定に失敗w)
現在レベル10~11、地下9階。

敵のレベル10ファイターとか、こんなに強かったっけ?
攻撃で20くらいダメージ受けたりする。

前回適当に書いた部分も少しわかってきた。
サムライの名称はサムライのままだった。
武器・防具の名前は+1とかじゃなくて名前が付いてる。
Sword of SLICINGとか。
ビショップはWizardで間違いない。オレンジとグリーンの髭ヅラが「レベル8ウィザード」として出てくる。
同じ法則で、ハイプリーストがハイクレリックになってた。なんか語感的にチョイ違和感。
日本で言う「ハイウィザード」はメイジなんだろうけど、ハイウィザードのままだった。


あと友好的な敵が出やすい感じがする。
こんなもんだったかなあ?
スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
LV8ウィザードとハイウィザード紛らわしいw
しかし、「LV8」って懐かしいな。
「俺たちマカニトきかねぇよ」ってことだよねw

でもトレボーとワードナは「ハタモト」とか知っててすごいよな。

先週末は風邪で臥せっておりましたw
2010/01/19 (火) | URL | Fluffy Things #-[ 編集]
ネット調子悪い。無線だとつながらないわー。

Wizプレイヤーズ・フォーラムかなんかにトレボーのインタビューがあって、黒澤映画を参考にしたとか言ってた気がするわ。さすが世界の黒澤。つか黒澤に失礼じゃないのかそれ。
どっちかっていうとショー・小杉とかそっちだよなあ。WIZの和風感。

風邪おだいじに。
2010/01/20 (水) | URL | UNSEEN ENTITY 管理人 #-[ 編集]
「タイロウイイ」みたいなw

出てきてもおかしくないよね。
もしくは「ミトハンシ」とかw
「キンノウシシ」とかw
2010/01/20 (水) | URL | Fluffy Things #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。