マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お宝中古市場 沼津店
沼津に行ってた。
090131_1652~0001


温泉に浸かりに行ったんじゃなくて、寿司を食いに行ったわけでもなく
「お宝中古市場 沼津店」に行ってた。

万代書店とか、千葉鑑定団みたいな感じの店だ。
といっても都心の人にはわからないかも。

郊外型の、敷地がやたら広い中古屋なのです。
ゲーム・レトロゲー・CD・DVD・フィギュア・トレカ・古着・楽器・その他家電とかも少々
あとエロ系がある店も。オタグッズの大中古市。
そしてスロット機やゲームで遊べるコーナーがあって
で、馬鹿広い駐車場があって、24時間やってる。

船橋鑑定団に一度行ってから、この手の店には良く行くようになった。
この手のショップを、勝手に「鑑定団系のお店」と呼んでいる。

おもにレトロゲームしか買わないのであれなんだけど
鑑定団系の良いころは品揃え。天井まで物が積まれてることもある。
ドンキホーテ的といえなくもない。
秋葉にない品物が爆安で置いてあることもまれにあり、かなりあなどれない。
PC-8801の信長の野望とか100円で売ってたし、新品同様の32X本体が780円だったし。

でも(同業他社を含めて)鑑定団系に共通していえる欠点は、品質にばらつきがあること。
全品ジャンクのつもりで望まないと泣きを見る。
PC-98のゲーム、FDが足りないことがあった。

あと、今まで行ったお店に関しては、全店匂いが同じだった。
ホコリっぽさと、古着の匂いと、ゲーム屋の匂いが混ざった感じ。
まあどちらかといえばイイニオイではなくクサイのだろうが、好きな匂いだ。ワクワクする。

ファミコンカセットなんかは裸で同じのたくさん並んでるので、シールや汚れの状態も自らチェックして
一番ましなやつを自分で選ばないとだめだ。
化粧箱に入ってて中身が不安なやつは、購入直後に開封して検品するのもよいだろう。
遠征してる立場なので返品は出来ないし。

まあそれが楽しくもあるんだけど。

なにがいいたいかというと、メガCDのゲーム7本とファミコンのゲーム3本を買った。
メガCDは本体持ってないのだけど。
本体探さないとな。

■≪中古本体≫メガCD2(メガドライブ専用)【箱説明書付/箱・説明書イタミ・本体イタミあり】


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。