マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うは、RAPEX SE とな!? 注文した。
これ。

XBOX360用のリアルアーケードプロ。
業務用部品を使ったアーケードスティックだ。
クソでかくて重たい(ほめ言葉)いかす奴だ。
ゲーセンの移植ゲームを遊ぶときは、絶対このスティックだ。
このスティック以外はもう、自動的に選択肢から除外される。
前に発売したやつも予約して発売日に買った。バーチャとかで酷使してる。

こいつの「セイミツ社製のレバーとボタンを使ったバージョン」が
ホリストアで販売される。

これを書いてる時点では、予約受付中だ。
13000円。

売れてない360で、こんな馬鹿みたいに単価の高いスティックを、
ゲーセンの部品使ってわざわざ作るあたりは恐れ入る。
しかも普通の人には、何がいいのか理解できないでしょ。

ゲーセンのスティックやボタンを作ってる会社は有名なところが2社ある。
ひとつは三和電子。
もうひとつはセイミツ工業。

バーチャファイターの筐体に使われてるのが三和電子の部品で
スト2ダッシュやネオジオの筐体はセイミツだった。
といって理解できるだろうか。
これで理解できる人には、こんな説明は不要だろうか。

昔はセイミツが主流で、90年代後半以降は三和が主流。という感じかなあ。
なので、オールドゲーマーにはセイミツがしっくり来る(少なくともオレは)。

前に買ったRAPEX(無印)
スティックが三和電子製で、ボタンはホリ製(ゲーセンの部品じゃない)だった。
でもホリボタンは三和ボタンと似てると思う。

シューティングが流行ってたころはセイミツが主流だったので
360のシューティングラッシュを受け、発売を決定したのだろう。
この英断には拍手を送りたい。

とはいえニッチ名な商品であることは間違いないだろう。
だから高いのかもね。
ホリの通販サイト専売らしいよ。無印RAPEXもそうだったね。

レバーとボタン違うだけのスティックを1万円以上出して買うことについては多少迷ったが
注文した。
あとでほしくなると思ったので。
品薄になると思うので。

置き場所とか、買ってから考えることにする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。