マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトー G-Net基板
いまさら手に入れた。
タイトーのPS互換基板 G-Net。
G-Netマザーボード

基板触ったこと無い人は(普通の人はほとんどそうだろうけど)見てもわかんないよね。
初代「式神の城」とかの基板。

以下、システム基板に関する独り言。
実のない話なので追記に。

通常、ゲーセンのゲームは、1個の機械で1個のゲームしか出来ない。
それで1個何万もするから、敷居が高いんだよね。

でも「システム基板」と呼ばれる基板はちょっと違う。
マザーボード(いわゆる本体)と、サブボード(いわゆるソフト)に分かれてるのだ。
家庭用ゲーム機とか、ネオジオみたいにサブボード取り替えれば別のゲームに変更できる。

ソフトの人気が落ちたらサブボードだけ交換すれば別のゲームに出来る。
お店としても、新しい基板を丸ごと買うよりは安くていいし、お店に卸す側としても、マザーを買ってくれた店舗は新しいサブボードを欲しがるので固定客がつく。
ネオジオの餓狼伝説はスト2のパクリとか便乗商法とか言われてるけど、スト2が18万円とかしたころに5万円くらいで売ったとかで、成功したとか聞いた。
しかも客つきが悪ければまた5万くらいで別のゲームに出来る。
基板初心者とか基板で遊びたいけどお金が…という方には向いてるのかも?

で、買ったG-Net。
ソフトは式神とサイヴァリア・リビジョンしかない。
現在サイヴァリア・リビジョンを稼動させてる。
敵弾にカスるとパワーアップするので、事故死が多い。けどたのしい。

システム基板を買うと、ほかにもソフトが欲しくなる。

あとで知ったんだけど、タイトーのプレステ互換基板って2種類あるみたいなのね。
FX基板と、このG-Net。
G-Netのほうがあとから出たので性能は上みたい。
プレステ ≒ FX基板 < G-Net << PS2 って感じか?

残念ながら、やりたかったゲームのいくつかはFX基板用のソフトらしい。

FX用
 サイキックフォース
 レイストーム
 Gダライアス
 ほか

G-Net用
 式神の城
 サイヴァリア
 トゥエルブスタッグ
 レイクライシス
 スペースインベーダー・アニバーサリー
 ほか

レイストームは家庭用の出来がいいのであれだけど、Gダライアスはやりたかったなあ。
でもFXのマザーって単品売りしてるの見たことない。
CPS-1みたいに、システム基板を名乗りながらもマザーごと販売だったのかしら。

しかし、G-Net、弾数はかなり少ない。
いまゲーセンで稼動してるのって「Zooo」とか「おてなみ拝見」くらいじゃないかなあ?
タイトーのシステム基板っていったら今はType-Xが主流だし、もう引退寸前の機械といえるかも。

ゲーセンのシステム基板でソフトが多いのは圧倒的にネオジオと、おなじみのNAOMI。
それに続くのがカプコンのCPS2(スパ2、ストゼロ、ヴァンパイアとかの基板。電池搭載で切れると死亡)と、セガのST-V(サターン基板。シルバーガンとか)かなあ。
あとので対応ソフトが多いのってあったっけ?

ネオジオ基板は持ってる。家庭用入門機としては最高だよね。
家庭ネオジオよりソフトが安いし。互換性は無いらしいけど。
NAOMIはモニターが31kHzだし、電源とかGDドライブとか保守が面倒なのでパス。
CPS2は大好きなゲームが多いけど、1本の例外も無く全部のゲームに電池(非充電式)がついてて、切れるとセキュリティが飛んで起動しなくなるからパスしてる。
あと、でかくてファンが五月蝿いんだよね。

ST-Vは欲しいなあ。
バーチャファイターキッズとか、ソニックの格闘ゲームがこの基板だったっけ。
本家のバーチャファイターとかバーチャロンとかはこの基板じゃない。
バーチャ2は基板始めたころ(2003年くらい)には5000円くらいでゴロゴロしてたけど、最近見ないね。

だらだら書いたけど
基板に手を出す場合はマザーボードありきで選ぶんじゃなくて「この一本が欲しい!」というゲームを買うべきだとおもった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。