マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30歳になってしまった
件名の通りなのだが。
いざなってみると、人生の節目って感じはあんまりしないもんだな。

それはそうとして。
プレステ1の、ゲーセンを経営するSLGを手に入れた。

PS1 できる!ゲームセンター


まだプレイしてないのだけど、古今東西の業務用基板が(ちょっぴり名前を変えて)ほぼすべて登場するらしい。
経営ゲームだから、それらの業務用ゲームをプレイできるわけじゃないのだけど。
どれを入荷するか、とかを考えるゲーム。

アーケードゲームにおける盛者必衰の理が、現実世界の歴史と同じように忠実に再現されているのが売りらしい。
インベーダーからスト2までの黄金時代になるべく荒稼ぎして、格闘ゲームの流行が終わったらビデオはさっさと全部捨ててUFOキャッチャーとかで稼がないとほぼ倒産する、みたいなところがリアルらしい。妙なリアルさが定評のゲームだとか。

私たちゲーマーは「いつの時代にどんなゲームが流行るか、怪物ソフトが何年に登場するか」なんてことは実体験で知り尽くしているため、こんなのは簡単なんじゃないか。いうなればオレ達はスポーツ年鑑を手に入れたビフのようなものだ。
テトリスとスト2とバーチャ2を抑えておいて、90年代半ばになったらビデオゲームからは完全撤退だ。


このゲームの目標は、売り上げ○億とか、全国出店とか、そういう前向きなものではなくて
「1978年から20年、お店を存続させる」という後ろ向きなもの。
この辺も寂しいがリアルだ。

時間見つけてぜひとも攻略していきたい。

あんまり見かけないんで高いのかと思ったけど、通販だと安いのね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うぇるかむ!
うぇるかむみそじ!
おいらも落ち着いたので、今度一緒に遊びましょう。
2008/04/08 (火) | URL | みさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。