マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
XRGB-3 それから
電波新聞社XRGB-3 DVI対応アップスキャンコンバーター
【全国送料300円】【お取り寄せ】電波新聞社XRGB-3 DVI対応アップスキャンコンバーター [DP3913...

どうにも画面がうまく出ず、修理に出したXRGBですが
どうも初期不良だったらしく、サクッと新品に交換されて戻ってきました。
対応早かったなあ。

前のはシリアルナンバーが20未満だったんだけど、新しいやつは500番台だった。

さっそくDVIで接続。
RGB21Pinでサターンをつなぎ、液晶モニタを90度回転させて
縦画面で「怒首領蜂」をプレイ。
SS怒首領蜂 ドドンパチ



すげええ!
「XRGB-2Plus」や、PS2の「チョーきれいだね」よりも鮮明。
かつ、画面端のブレや滲みもなく、スコアやゲージも画面外に出ず
きっちり収まってた。

ただ、少し、遅延が気になる気がした。

レバーをコン、と入れて離す …を一定のタイミングで繰り返すと
なんとなく、レバーを離してから自機が止まるまでに間があるように感じた。
アップスキャンコンバーターである以上、多少はやむをえないのだが
「ギリギリ感じられ、ギリギリ気になってしまうレベル」だと思った。

仕方ないのでアナログ接続に変更し
FPGA切り替えでダブラーモードに変更。
本来はブラウン管モニター専用の機能らしいのだが
やってみたら、うちの液晶では写すことができた。

こちらは鮮明度ではデジタルに一歩劣るが、遅延は気にならない。
画質もXRGB-2Plusよりいい感じのように思える。
「チョきれ」やセレクターは外して、XRGB-3一本でいけそうな感じ。

いい買い物をしたかも?
また気づいたことがあったら書き込もうと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。