マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬休みの工作!
世間はすっかりお年越しムードで、世のオタクたちはコミケに色めき立っているというのに
おれはというと、家にこもって冬休みの工作をしていました。

以前にオークションで落札した筐体。
これね↓
オレンジ筺体
こいつのレバーを海外仕様にして
洋物格ゲー「モータルコンバット」を組み込んで遊んでいたのです。

ボタン回りも配線をやり直し。
ボタン配線

そして基板をつなぐコネクター部分がボロボロだったので切り取って捨てて、
新たに配線しなおした。
これがビフォー。
JAMMAコネクタのハンダ
↓↓↓
アフター。はんだ付けにも多少慣れてきたのと、熱収縮チューブを活用すると見た目がマシになるね。
まえはチューブをジッポライターであぶってたけど、半田ごてを軽くあてることでも収縮させられる。
JAMMAコネクタをつけなおした


モータルコンバットは5ボタンのゲームなのだけど
一般的なアーケードゲームは3ボタンまでしかサポートされない。
世の中のボタンを4つ以上使うゲームは全部、追加の配線が必要なのだ。
ストリートファイターシリーズのキックボタンなんかが代表的だけど、こいつも同じ処理が必要。
しかも海外のゲームなのでコネクターの企画や配線がスト2とは違った。

スト2用のケーブルなら持ってるのに。そいつは使えないことが判明。

なので直付けした。
飽きて売るときの査定額が下がるとか、そういうことは考えない。
キック線を直付け

そして完成!
モーコン!

家庭用のも持ってるけど、やっぱ業務用は怪しさが違うよね。
ちょっと画面がモヤって感じたのでモニターのブライトを落として対応。
アジア人と比べると白人は、強い光が苦手だけど夜目がきく、と聞いたことがある。
目が青いからかもね。
だから家庭用ゲームの洋ゲーのアクションアドベンチャーとかって、薄暗いマップが多いのかな。
海外のゲームは、部屋の中に何があるのか全然見えねえよ!ってことが多いように思う。
洋物遊ぶときって、ブライトやガンマを2割増しくらいにするよね。

モータルコンバットはモニターが暗くても見えやすいように作られていたのだろう。
でも今回は、モニターが日本のなので標準では明るすぎてモヤって見えたのだ。

1プレイ20円に設定した。
これからは10円玉もこいつで貯金していきたい。





スポンサーサイト
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。