マンガンぜんせき 裏館
海外ゲームとか、ウィザードリィとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに心から爆笑したのはやっぱりウンコネタ
妻を亡くしてから、爆笑してない。
ミスチルの言葉を借りるならば、
本気で笑うことも少ない
という感じで過ごしていた。

テレビをつけて、お笑い芸人がトークをしているのを見ても
「なんだこいつら、クソみてえな話しやがって、面白くねえな」
という気持ちで見てしまい、心から楽しめない。
おれの気持ちに余裕がない証拠だね。

ところがこれを打ち破る映像を発見してしまった。
職場で調べ物をしてて、不意に見つけてしまい、
業務時間中に会社で観てしまって、笑いがこらえられなかったのは秘密だ。

http://youtu.be/3pk7VLaR_Y4




http://youtu.be/NfTAwgnxgYs




http://youtu.be/wfqzZECDsWA




http://youtu.be/XJfbU02yIls



ダチョウ倶楽部と出川哲郎って、好き嫌いが分かれるよね。
おれもそこまで好きじゃなかったし、漫才が面白い芸人さんと比べて
やり方も古典的だし、きょうびこのやり方で生きてくのは無理じゃねーの?
みたいな眼で彼らを見ていました。
今まではね。

これは認識をあらためないといかんわ。

すっかり荒んでしまって笑顔を失っていたおれを爆笑させたのだから(職場で)

こりゃあ、DVD買うべきだな。

スポンサーサイト
電話機を買い換えた
うちで使ってた電話機。

10年くらい前に友達の引っ越し手伝って、不用品をもらい受けてきたものだ。
さすがにそろそろ買い換えようかなと。
続きを読む
iPadで遊んでばかりいる
久々に広告出た。

さいきんiPadで遊んでばかりいる。
おかげでPCを使う機会が減ってしまった。

以下は単に散在の記録を書き連ねているだけであるが。

iPAdに飽きたとか言ってる人がたくさんいるらしいが、俺は全然飽きない。

iPadはおもちゃなので、ちゃんと使おうとするとPCにはかなわなくて不便なところも多いのだけど
メール見るとか
ネット見るとか
Twitterとか
何でもいいから適当なゲームで時間つぶすとか
その程度の使い方であればパソコンでなくてもiPadで十分できるということと
iPadでやるほうが、快適で楽しい ということがわかった。

続きを読む
iPadでリモートデスクトップ
iTeleportでリモート接続
iPadアプリ「iTeleport」を導入して、Windows PCとのリモート接続を試みた。

パソコンの画面をiPadに映して、操作できるというもの。
iPadでウィンドウズができるぜ。
つか、iPadは別のコンピュータの映像を「映してるだけ」なわけだが。

パソコンをつけっぱなしにしておいてiPadを寝室(とか、外とか)に持って行って接続できるか試さないとな。

会社で、自分のデスクトップPCとiPad(またはノートとか)を接続できるようにしておけば
会議室で議事録とるときに便利。
会議が終わった後に、書いたメモをデスクトップPCに移動させてWORDで再編集、とかしなくても
デスクトップのWORDをそのまま操作して議事録かける。

iPadのWebブラウザはFlashを表示することができない。
だが、この機能を使ってWindowsでネットにつなげばFlashも問題ない。

Flashも動くぜ(笑)
ごらんのとおりサンシャイン牧場だって動く(笑)

厳密にはiPadで動かしてるわけじゃないが。プレイはiPadで可能なわけだ。
Windows用のエロげーとかも動かせちゃうぜ。



続きを読む
選挙ですね!
ここしばらくiPadいじって遊んでばっかだけど
あしたは参議院選挙ですね。

といっても政見放送なんて見られる時間に家にいないし
すぐ寝ないと翌日にひびくもんだから急に投票所に行っても情報がない。

そこでまとめサイトを探してみた。

かんたん政党比較表


超、超、わかりやすい。
投票所にこれ貼っといてほしいくらい

どこ入れたらいいのかわからねーよ、 って人とか
迷っている人がいたら、
選挙に行くまえに、5分でいいので一読をお勧めします。
電子書籍!
仕事で必要になりそうだったので(いいわけ)iPadの予約をした。


とはいえすでにネットブックを持っているので、仕事で使った後はどうやってこいつで楽しんだものだろうか。
ここしばらくiPadの使い方について思案していたのだが。
「そうだ、電子書籍を読めばいい」と思い立った。


画面もでかいし、指でページめくれるし。読書とは相性がよさそうだ。

iPadにはiBookというアプリがあるらしい。書籍をDL購入して読めるらしいのだけど、日本で出版されている全書籍が対応なんてするわけないし、現在は英語の本ばっからしい。

ぶっちゃけ、それだとiBookは存在してないのと何も変わらない。
ちょっとがっかり。

手持ちの本や積んでる本をスキャンして読むのはどうだろう。
そう思って調べてみたら、実践している人も結構いるらしい。

ただ、スキャンするためには本をばらさないといけないので、電子化したら元の本はもう使い物にならない。
永遠の命を得る代わりに肉体を失うのか。
等価交換ってやつですな。

とりあえずスキャナーを買ってきた。


富士通のScanSnapとどっちにしようか迷ったんだけど、
・小さい
・USB1本で動く(ScanSnapは2本いる)
・色がパソコンと同じ、黒
といったところでイメージフォーミュラのほうをチョイス。

この選択は結構迷った。
・ScanSnapのほうが店頭価格は安いことが多い。
・イメージフォーミュラのほうが小さいけど、ScanSnapもなかなかの小ささ
・ScanSnapにはリーダーじゃないアクロバットが同梱されてる

特にアクロバット同梱は強い。
電子書籍をPDFで作る場合、スキャンの具合が悪いときとかに修正したりするはずなので
アクロバットは絶対必要になるといっていい。
たとえばページの順番の入れ替えとか。

フリーウェアでちまちまやってもいいんだけど、総合ソフトがったほうが便利だろう。
アクロバットは買うと3万位する。


「本棚の肥やしになってる本を電子化して省スペースを狙っているのだから、場所とらないほうがよかろう」
というのが決め手になった。

とりあえずテストで雑誌などをばらしてスキャンしてみた。
・本を電子レンジでチンして糊を剥がす
キンコーズに持ち込んで裁断してもらう
の両方を試した。

前者は2分レンジにかけて、「若干、手でむきやすくなる」といった程度だったので仕上がりが汚かった。
最終的に1ページずつ鋏で細部を整える羽目に。
後者は有料なだけありさすがの仕事。といっても1冊105円だったのでさほどの出費じゃない。

裁断機を買おうかとも思ったけど、そんなに何百冊もやりたいわけじゃないので、今後はキンコーズでいいかなあ。

PDFのデキはまずまず。
紙のまま永久保存版にしたいレアな本を除いて、比較的どうでもいいやつはどんどん電子化していきたい。


明日から海外出張
明日の朝から海外出張です。

海外の携帯電話を借りてて、かみさんに電話番号を教えてあるので
急ぎの御用の方はそちら経由で。

ロサンゼルスなんで14時間とか時差があるんで
電話するときは時間気をつけてね。
日本の朝の10時が、夕方の5時だか6時くらいです。

土曜日の午後に帰ってくる予定です。
そいでは~
ゲームレジェンド12
ゲームレジェンド12にいってきた。
今回は埼玉県は川口で開催。
これまでは都内だったんだけど、狭いところだったんだよね。
今回は遠い代わりに広くて快適だった。

ジャンルを「レトロゲーム」に限定した同人即売会なんだけど
レトロゲームって言っても範囲が広すぎて、趣味嗜好がピタリと一致するようなものって
意外と無かったりするんだよね。

ゲームロゴのカッティングシートと
Wizardryの同人サントラを買った。

で、つい貼っちまった…
バイクに貼ろうと思ったんだけど、会社に置きっぱなしだったので。

カッティングシート1
ギャラガとドルアーガ。このブログを書いてるノートパソコンに貼った。

カッティングシート2
ファンタジーゾーン。会社でつかってるネットブックに貼った。

旧ナムコロゴとか、初代コナミロゴとかのシートも売ってて、それにしたかったんだけど
会社で使うパソコンに他社のロゴはちょっとなあ、と思ってやめた。

↓これのことね。コナミ
元祖コナミロゴ

↓ナムコ
旧ナムコロゴ

カッティングシートって初めて貼ったけど、うまく剥がすのにちょっとコツがいるね。
世間では痛PCとかをかなり気合入れて作っている方がたくさんいるみたいですが
今の僕にはこの程度で精一杯ですわ。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

昨年に買ったゲームソフトの本数は?
電撃オンラインのアンケート記事
昨年に買ったゲームソフトの本数は?
というものがあった。

所持ゲームソフトのリストをつけているので、チェックが容易だ。
一般とどれくらいかけ離れているのか、興味深い。
そう思って数えてみた。

続きを読む

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

除毛
風呂に除毛ムースの缶が置いてあった。
嫁が「切らしたから捨てる」と言ってたやつだ。捨て忘れて上がっちゃったのだろう。

しょうがないから上がるときに捨ててやるか、と思ったけど
なんとなく缶を振って、ボタンを押してみたら“最後っ屁”が少し出てきた。

あのときの私はどうかしていたとしか言いようがない。
「試してみたい」という衝動に抗うことができなかったのだ。

手のひらにある微量のムースをワキにつけてみた。
こんなにちょっぴりだし、たいしたことないだろう。

甘かった。
すっかり焼け野原のようになってしまった。

人類は自らの行いに恐怖した。
という表現がしっくりくる感じ。まるで子供だ。


…という出来事があったのが先週末のこと。

いまは坊主頭に水泳帽をかぶったみたいな感じになってるwww

微妙にチクチクするわw

まあ、何が言いたいかというと
脇をチョイスしておいて良かった。下よりマシだったと思う。心から。
copyright © 2005 マンガンぜんせき 裏館 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。